原料

青汁の生搾りは飲みにくい?

生で絞ったジュース、あるいはビールなどの嗜好飲料は格別の旨味を堪能出来ますが、果たして青汁の生搾りはどうなのでしょうか。
多くの粉末製品が飲み易さをセールスポイントに謳っているだけに、緑黄色野菜の生搾りには不安が隠せないのも事実です。

まずは生搾りなる精製方法に関して、基礎的な正しい知識を確認しておきましょう。
ここで皆さんには、生搾りジュースが販売されている風景を思い出していただきたいと思います。
ジューサーが並び、中にはカットされた新鮮な各種果物が入れられ、ジューサーが回って砕かれ絞り出されたジュース、これはやはり人工的に味付けされた飲料製品とは全く違います。
果物それぞれが有する、より深い甘味と栄養素が、口の中から喉を通り、全身に沁み渡ります。

同様の製法を青汁で実践すれば、果たしてどうでしょうか。
緑黄色野菜のあの独特の苦み、例えばケールの青汁ゴーヤの青汁は渋みがダイレクトに口の中に広がり、更には野菜特有の粒々感もそのままです。
この製法をどれだけ最新技術で粉末状に凝縮したとは言え、飲み易さとイコールで結び付ける事への抵抗感は、拭えなくても仕方ないでしょう。

ですが昨今の市場を見れば、生搾りをセールスポイントに人気を博している、青汁のヒット商品が流通しています。
何と言ってもその優れた各種成分を最大限抽出から詰め込んでいる訳ですから、健康第一に視点を合わせれば、これに勝る青汁商品は他に見当たらないとも解釈出来ます。
飲み易さが犠牲となっている点は否めずとも、それをカバーする優れた効能への期待感、これも見逃せません。
飲みにくさを回避するのか、より確かな効果を最優先するのか、飲み手の方々の価値感に因って、その感想は大きく違って来ると思われます。

結論として「飲みにくい」「これなら飲める」の判断は、個人個人の感覚に委ねざるを得ません。
理論的には決して飲みやすいとは言えずとも、それを苦にせずより大きな効能を期待するのであれば、美味しく飲み続けられるのも青汁の特徴でしょう。